FireBase

FireBaseの機能説明とアカウントの追加

皆さんこんにちは!こちらはFireBaseを導入するためのフロー解説ページになります。

1)FireBaseとは?

FireBaseとはいわゆるMobile Backend as a Service(MBaas)と呼ばれるサービスになります。

MBaasとは、簡単に言えばモバイル向けのバックエンドをクラウドで提供するようなサービスのことを指します。

2)FireBaseにできる主なこと

  • AdMob :

    AdMob by Google は、アプリから収益を得るために利用できるモバイル広告プラットフォームです。AdMob を Firebase 向け Google アナリティクスと使用すれば、さらに多くの使用状況データや分析機能を利用できます。

  • アナリティクス:

    Firebase 向け Google アナリティクスは、アプリの使用状況とユーザー エンゲージメントについて分析することができる、無料のアプリ測定ソリューションです。

  • Authentication:

    Firebase Authentication には、バックエンド サービス、使いやすい SDK、アプリでのユーザー認証に使用できる UI ライブラリが用意されています。Firebase Authentication では、パスワード、電話番号、一般的なフェデレーション ID プロバイダ(Google、Facebook、Twitter)などを使用した認証を行うことができます。

  • Realtime Database:

    Firebase Realtime Database はクラウドでホスティングされるデータベースです。データは JSON として保存され、接続されているすべてのクライアントとリアルタイムで同期されます。
    (こちらの機能を使うとリアルタイムのチャット用のデータベースとして利用することなどが可能です。)

  • Dynamic Links

    iOS または Android でダイナミックリンクを開くと、ネイティブアプリのリンク先のコンテンツに直接移動します。デスクトップ ブラウザでダイナミック リンクを開くと、ウェブサイト上の同じコンテンツに移動します。
    (ユーザーのステータスを見てリンクの飛び先を出し分けできる機能になります。)

  • Invites:

    Firebase Invites を使用すると、ユーザーは SMS とメールの両方を使って友だちにコンテンツを簡単に送信できるようになります。
    (いわゆるSNSシェア的な機能)

  • Cloud Messaging:

    同期可能な新しいメールやその他のデータがあることをクライアント アプリに通知することができます。
    (いわゆるPush通知機能)

  • Remote Config:

    アプリのアップデートをユーザーにダウンロードしてもらわなくても、アプリの動作と外観を変更できるクラウド サービスです。
    (アプリのABテストなどや、アプリのゲームデータ設定の変更などを行うことができます。)

  • Cloud Storage:

    Google 規模で構築された、強力かつシンプルでコスト効果の高いオブジェクト ストレージ サービスです。
    (クライアントから直接ファイルのアップロードやダウンロードを行います)

※公式サイトより抜粋

3)FireBaseコンソールを開きアプリの設定を行う

ここからFireBaseのコンソールを開きます。

プロジェクトを追加を選択

取り急ぎ、これでFireBaseの導入部分のアカウントの追加まで終わりました。