FireBase

Firebaseのホスティングサービスを使ってみる

みなさんごきげんよう!

ここではFirebaseを使ったWebのホスティングサービスを利用して静的htmlを公開するところまでの手順を解説します。

1)Firebaseの概要及びプロジェクトの作成手順

こちらを参考にFirebaseのプロジェクトを作成します。

2)FirebaseのコンソールでHostingを選択する

開発 -> Hostingを選択します。

使ってみるを選択

3)node.jsをインストールする

Node.jsのダウンロードページでNode.jsをインストールする

4)firebase-toolsをインストールする

npm install -g firebase-tools
でインストールします。

一旦、作業用のフォルダを作成

作成したフォルダへ移動

firebase login 

を使いログイン

firebase init

↑↓で選択を行い、Hosting: を選択します。

[space]キーを押下で選択し、[Enter]で次へ進みます。

Loginアカウントの作成したプロジェクト群が表示されますので↑↓で選択を行い[Enter]を押下します。

どのフォルダーを公開用のフォルダに指定するのか聞かれているので初期値(public)で[Enter]キーを押下(publicディレクトリーを作成します)

シングルページアプリケーションを作成しますかと聞かれるので[Enter]キーを押下(ディフォルトはNoになっています。)

このような感じにhtmlが生成されます。

firebase deploy
コマンドを実行してサーバーにdeployします。

deployが成功すると確認用のurlが生成されます。

生成されたUrlを叩くと無事生成したデータが配置されているのを確認できました。