未分類

Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 (アスキードワンゴ)覚書

Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 (アスキードワンゴ)覚書
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FSBHS2V/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
こちらを読んで得た知識をガッツリ吸収して反芻する為に、こちらの覚書を書いていこうと思います。

はじめに

こちらの書籍を2時間半で速読して吸収できた要素

設計とアーキテクチャについて

崩壊のサインについて

構造的にメンテナンスしづらい設計になっていると

技術的負債の積み重ねにより生産性がガタ落ちする。

プログラミングのパラダイム

プログラミングのパラダイムの移り変わりについて

オブジェクト指向プログラミング

カプセル化、継承、ポリモーフィズムについて

抽象化レイヤーを挟んで実装を隠蔽する。

また、抽象化に依存させるようにすることで安定させる。

SOLID原則について

よくある単一責任、オープンとクローズド、置換原則、インターフェイス分離、依存性逆転について

再びアーキテクチャとは?

開発、デプロイ、運用、保守について

各部レイヤーの独立性とレイヤーの上位、下位の関係について

依存性の方向について、

エンティティ、ユースケース、View、プラグインなどの関係性について

また、抽象化レイヤーについて。