Blender

Blender2.8の各種ツールについての覚書

挨拶

今回はBlenderの2.8の導入にあたり各種ツール群を覚える為にひたすら調べながら覚書を書いて行こうかと思います。

BlenderのObjectMode

Blender起動時に初期選択されているMode

オブジェクトの選択や移動、回転、拡大縮小などを行うことができる。

オブジェクトの細かい変更を行うことはできない。

 

左側の各種ツール群たち

Select Box

3D View上のオブジェクトを選択するためのツール

 

Cursor

3Dカーソルを移動することができるようになります。

新しくメッシュを追加した時は3Dカーソル上にメッシュが追加されます。

また、ショートカットキー [shift]+[C]で3Dカーソルを原点に戻すことができます。

 

Transform

選択中のオブジェクトをマニュピレーターを用いて回転、拡大縮小、移動を行うことができます。

Move

選択中のオブジェクトの移動を行うことができます。

Rotate

選択中オブジェクトの回転を行うことができます。

Scale

選択中オブジェクトの拡大縮小ができます。

Annotate

注釈をシーン上に追加できます。

Measuer

シーン上で2点間の距離を測ることができます。

BlenderのEditMode

オブジェクトの形状などを自由に編集することができるモード

EditModeになるとオブジェクトがオレンジ色で表示されます。

AddCube

シーン上にCubeを追加することができます。

ExtrudeRegion

頂点や面を選択した場合は押し出しになります。

オブジェクト全体を選択した状態では複製になります。

 

InsetFace

選択面にさらに面を差し込むことができます。

Bevel

選択面にBevelを追加することができます。

LoopCut

対象オブジェクトの面を中央から割ることができます。

Knife

オブジェクトの面を任意に分割できます。

PolyBuild

メッシュを手動で貼っていくことができるツールのようです。

Spin

選択したオブジェクトの回転体を作成することができます。

オブジェクトを選択

このように回転体を作成できます。

Smooth

選択面が均質化されるツールのようです。

EdgeSlide

こちらは、選択した辺を隣り合う辺に対してスライド移動させることができるツールのように見えます。

Shrink/Fatten

選択した 頂点,辺,面を伸縮/膨張させるような形で変形させます。

Shear

せん断はピボットを中心に選択面をずらすことができます。

RipRegion

 

選択した頂点を他の頂点の影響を受けずに移動させることができます。