Unityハンズオン

[秋葉原] シンプル物理演算パズルゲームをつくろうハンズオンに参加してみたレポート

挨拶

こんにちは!今回は、
秋葉原で開催された

[秋葉原] シンプル物理演算パズルゲームをつくろう

https://weeyble-game.connpass.com/event/115305/

に参加してきました!
こちらハンズオン時に学ぶことができたことなどをレポートしていこうかと思います!

ハンズオンとは?

ex)
体験学習を意味する教育用語。参加体験、実用的体験、インタラクティブ体験、実習、実験、体感など、体を使うことによる学習補助教育手法を指す。
らしいです!
(wiki参照)

ハンズオンの概要

今回はシンプルな物理演算パズルゲームを作って行きます!

 

書籍紹介

今回はこちらの書籍を使い、勉強会を行いました!

シンプル物理演算パズルゲームを作ろう!(https://qitz.booth.pm/items/1069387)

ハンズオンの流れ

1:まずは空プロジェクトを作成する

Unityシーン上へのオブジェクトの配置、

物理演算のコンポーネントの解説

プレファブの作り方などの解説をおこなっていました。

 

2:穴埋め式のハンズオン

未完成版のプロジェクトを完成させるように動く形で実装をおこなって行きます。

ハンズオン用(穴埋めタイプ)

プロジェクト

https://github.com/QitzPub/block_unite/archive/hands_on.zip

ダウンロードしてUnityで開きます。

コードを随時、穴埋め式に記載して行きます。

 

 

ハンズオンに参加した感想

ハンズオンに参加することで、Unityの基本操作から、シンプルなミニゲームを完成させるところまで

覚えることができました!