BloomsOfDarknessFall

ウラファジールへの反旗

-アシュヴァルツ元王室にて-

リリファ達は、ウラファジールの魔道部隊の第一波からアシュヴァルツを防衛できたことに対し素直に喜んでいた。

しかし、防衛には成功したのだが依然として2ケ国から挟撃を受けているような状況は変わらずこの状況を打開しなければならなかった。

「どうしたもんかの〜〜!」

「・・・・・・・・・・・・・・」

はちばには腕を組み相変わらずふわふわとあたりを漂っていた。

不意に、はちばにはせわしない様子でバタバタし始めた。

「・・・はちばにどうしたの?」

「ああ・・・キルエルか・・・こんなタイミングで・・・」

「キルエル様が?」

「天界とのコネクションを確立するで!啓示がきたみたいや。」

はちばには、ツタを天に伸ばした。

また、キルエルの声がはちばにの身体を通して聞こえてきたのだった。

「久しいな。リリファ。」

「・・・・・はい。」

「早速だが、この状況はなんだ?ブルトナの侵攻に失敗し現在も守ることで手一杯だと?」

「・・・・申し訳ありません。」

「早急に成果を出せ。神花の領地を一刻も早く広めるのだ。」

「・・・・・・・はい。・・・・・」

リリファは悲しそうに返事を返した。

「黙って聞いていりゃあ随分な言い草だな!?」

その時、神との対話中にアインが口を出してきた。

「神だかなんだか知らないが、精一杯やってきたヤツに対して言う言葉じゃないだろうが?」

キルエルは鬱陶しそうにリリファに命令した。

「・・・黙らせろ。リリファ。」

「・・・アイン・・・落ち着いて・・・。」

「これが、落ち着いていられるか!?」

アインは、はちばにに掴みかかっていた。

「ぐわっ!!!あかん!神とのコネクションが切れてしもたわ!!!!やめや!!!!!」

「・・・ふん・・・・!」

「あかんあかん!!!!落ち着けやアイン!!!!」

「・・・すまない・・。」

「しょうがないやつやな!!まあ、ワイの方から後でキルエルには、うまく取りまとめとくけどな」

「あんま、口を挟むなや!」

「・・・・・・・・・・・・」

「アインは悪くない。」

リリファはアインをなだめるように言い放った。

「リリファ・・。」

「ふん、まあ憤る気持ちもわからなくはないけどな〜まあええわ。」

「とりま、防衛ばっかやってたんじゃラチが開かないっちゅうことやな。」

「その件に関して、俺から提案がある。」

「ほう〜!聞かせてくれや!」

「よし!ではこのアシュヴァルツ近郊の地図を見てくれ。」

「アシュヴァルツとウラファジールを隔てるブララ山脈付近に、浸透作戦を秘密裏に行うためのトンネルを建造してある。」

「なんやて!そりゃええな!!」

「リデステアを経由せずに背面から周りこみ、ウラファジール王都に直接攻撃を仕掛けられる。」

「現状はそれの手が一番良さそうやな!それじゃあその作戦で行くで!」

 

-ウラファジール王室の一角ルーヤの部屋にて-

ルーヤは国内の日報にぼんやりと目を通していた。

云くリデステアを魔道精鋭部隊が敵生物兵器から救った事や

諸悪の根源たるアシュヴァルツを攻略中である旨が書かれていた。

「・・・・・・・・・・・」

ルーヤはうんざりしたような目でそれらの記事を読み終えると、また自分のベッドに寝転んでいた。

「・・・僕には関係ない。何もかもお父上や兄弟達がうまくやっていくハズだ。」

また、ベッドの上でまどろみかけていた、ルーヤの耳に従者の声が飛び込んできた。

「ルーヤ様!緊急招集がかかりました!大至急会合の間へお集まりください。」

「・・・・またか・・・?」

ルーヤはうんざりしつつも、会合の間へと向かって行った。

会合の間では、国王や宰相たちが慌てた様子で今後の対応策について話し合いをおこなっていた。

「・・・?」

話の内容を察するに、ウラファジール西部のアシュヴァルツとの国境付近に突然

草木のバケモノ達と消滅したかと思われていたアシュヴァルツの騎士団が現れたというのだ。

敵が襲来することが想定されていポイントではなかったため、ウラファジールの参謀本部は混乱していた。

また、戦力の大部分はアシュヴァルツへ向けていた為に完全に不意を突かれる形となっていた。

「伝令です!城の外部にすぐそこまで敵が浸透しています!」

「なんだと・・!?」

リリファ達は電撃的にウラファジール城のすぐそばまで押し寄せてきていた。